マリンレジャー時の海浜事故の大半は自己過失、原因を紹介

世界有数の海洋国家日本では、内陸に居住している方であっても少し足を延ばせば海水浴場や釣り場などに訪れることが出来ます。身近な場所で海水浴や海釣り、マリンスポーツなどの海に関連するレジャーを楽しむことが出来るので、その分海浜事故に遭遇するリスクも高くなります。

現実に夏場を中心に溺死や波にさらわれて行方不明になるなど、毎年のように海浜事故で不幸な転帰を辿る事例は枚挙に暇がないほどです。マリンレジャーなどの海浜事故に関連する事故統計によると、全体数は約900件程度。平成30年(2018年)において遊泳に関連する事故者数は約300人、マリンレジャー全体の事故統計のなかでは35%を占めています。

遊泳中の事故で最も多いのは、溺水つまり溺れることで、60%を占めています。溺水に次ぐのは離岸流などの波に流されて帰還不能になるのが30%程度で、遊泳者同士の衝突事故や有毒海洋生物による受傷事故などが残りの10%ほどを占めます。
それでは海浜事故に遭遇することを回避するには、どのような点に注意するべきでしょうか。まず海浜事故のトップを占める溺水との関連で重要なのは飲酒行動です。

飲酒によるアルコールの影響は判断力の低下だけでなく、運動能力の低下などにも繋がります。普段は遊泳に自信がある方でも、飲酒してから遊泳すると、おもわぬ事故に遭遇するリスクが飛躍的に高まります。いくらレジャーシーンだからといって飲酒後は遊泳はしないことがリスクヘッジになるのです。

またシュノーケルなどで遊泳中に遭遇するリスクが否定できないのが、離岸流に巻き込まれて沖合に流されてしまうことです。離岸流は岸辺から沖合への潮の流れのこと。離岸流に巻き込まれると抜け出すのは困難なので、シュノーケルなどを使用して長時間遊泳するときには、危険な場所で遊泳しないことです。海水浴場などでは危険な場所のアナウンスを、看板やスピーカーなどで注意換気している筈です。いくら遊泳に自信があっても危険な場所は絶対に近づかないことが大事です。

そして海釣りなどでは岩場やその周辺で、釣り糸を垂れる場合があります。岩場自体足元が不安定で、転倒事故のリスクがあるだけでなく高波が突如襲来して、呑み込まれてしまう事故が発生しています。釣り場を求めて岩場を移動するうちに、満潮時には海面下に沈んでしまう場所に足を踏み入れるリスクもあります。事前に潮位表や天気予報などをチェックしておきましょう。