マリンスポーツは一人でも楽しめる!海外より国内を選ぶべきポイント

マリンスポーツ

国際航空路線が日本をはじめ世界各国に張り巡らされているので、一昔前では想定できないほどの外国でも足を延ばすことが可能になっています。海外に目線を向けてみれば、インド洋や紅海など世界中の人々を魅了するマリンスポーツのスポットが存在しているのに気づきます。

日本国内とは異なる文化や食習慣などに直に触れ合うこともできるなど海外旅行のついでにマリンスポーツを楽しむことには、スポーツ以外のジャンルでも貴重な経験をもつことのできるチャンスが広がっています。しかし他方で海外よりは国内を選ぶことのメリットにも無視できないものがあります。海外渡航へのハードルが低くなった現在にあっても、国内を選ぶべきポイントについて検討してみましょう。

まず旅行会社などが企画するツアーには最小催行人数が設定されています。ここに最小催行人数とは募集型企画旅行において最低限必要とする人数のことを意味します。最小催行人数は旅行会社や旅行内容などにより異なりますが、国内では当日の13日前までに海外旅行の場合には23日前までに申し込み者に連絡する必要があります。

海外のツアーでは目的地の知名度やシーズンなどによっては、最小催行人数に達しないおかげで中止の憂き目に遭遇することがありえます。特に旅行慣れした方にあっては、マイナーで馴染の薄い目的地のプラン内容ではせっかく申し込んだのにキャンセルになってしまう可能性を孕んでいるのです。これに対して国内向けのマリンスポーツを楽しむツアーでは最小催行人数が一人に設定されているのも多いので、ツアー客が集まらないことによるスケジュールが暗転する事態に遭遇する可能性はかなり低くなっています。

また海外ツアーを利用するときには、不可避のリスクた犯罪や治安上の危険が潜んでいます。もっとも東南アジアのタイやバリ島のように比較的治安が維持されている国や地方も増えていますが、日本国内と比較すると治安面でも防犯面でもリスクは想定的に高くなります。一見して平穏に見える街中でも突発的なテロ事件などの危険性は、日本国内では想定できないほどの危険と隣あわせになっていると考えても間違いはありません。

とりわけ海外旅行になれていない方にあっては、わずかの油断が犯罪被害などのきっかけにつながる危険が高くなります。一人からでも安全にマリンスポーツを堪能できるのが国内ツアーの魅力。安全な国内でマリンスポーツを存分に楽しむのも賢明で洗練された旅行スタイルと言えます。