Latest Article

海

最近では種類が殖えて多彩なメニューのなかから、好みのアクティビティを選択することができるのがマリンスポーツの大きな魅力です。日本は世界有数の海洋国家で四方を海で囲まれており、沖縄をはじめとした離島や島嶼部などが観光スポットしても人気の高い場所がたくさんあるので、マリンスポーツが盛んな地域へのアクセスは容易です。

他方で、LCCを初めとした格安の航空便が登場し、世界各地の観光地とも路線の開拓が次々進んでいるので、海外に視線を向けてもマリンスポーツを楽しめる舞台のなかからいくつもの選択肢が用意されています。しかも円の購買力の高さと航空路線の充実のおかげで、従来はいくつもの路線を乗り継いで長時間の移動時間を余儀なくされていたような観光スポットにも直通便が運用されていることもあり海外へのニーズも高くなっています。

目的地はどこにするにしても、出来れば格安でコストパフォーマンスの面でも満足できる旅行プランに落とし込みたいところです。国内で海外で格安でマリンスポーツを堪能するにはどのような点に注意するべきでしょうか。

まず国内でマリンスポーツを楽しむ場合を想定してみます。国内では目的地までの移動には航空機の他に自動車も選択することが可能です。沖縄や島嶼部ではメジャーで普及が進んだスポーツについて、初心者でも安心して参加できるスクールが充実しています。より交通費を削減するならLCCを利用すれば多少の不便さも我慢すればかなり安く済ませることが出来ます。また、自動車で到達できる範囲内なら、より移動費を圧縮することが可能といえます。本土や大都市近郊などでは、マイナーで登場して日が浅いマリンスポーツなどが紹介されていることも多いので、目新しいマリンスポーツをねらうなら国内の大都市近郊や比較的マイナーな観光地もねらい目です。

海外でマリンスポーツは知名度の高い観光地とクロスオーバーしている場合が多いのは確かと言えます。セブ島やプーケット、バリ島やパタヤなど東南アジアに限定しても、マリンスポーツを楽しめる観光スポットは選び放題です。目的地が決まったらプランを、個人でカスタマイズするのか旅行会社の用意するプランに参加するのかが問題になります。個人でプランを立てるのはコスト的に嵩みがちなのは確かですが、満足度を追求すれば価格には換算できない魅力もあります。格安を重視するか、自分のこだわりを重視するのかメリハリをつけて決めるのがポイントです。